中小企業経営者のための「経営実学」の実践学習塾 「俯瞰塾」

  

サイトをリニューアルしました。5秒後に新しいページに移動します。

このような経営者に入会をお勧めします

  1、経営危機を未然に防げる財務・金融対策の基礎知識習得し、倒産と無縁の会社にしたい!
  2、常に利益をあげられる企業にしたい!           
  3、後継者に基本的なヒト・モノ・カネについての基本的な経営実学を身につけさせたい! 
  4、正常企業から小さくてもキラッと光る強い優良企業にステップアップさせたい!    
  5、創業や新規事業で絶対に失敗しない「知識」や「知恵」を身につけたい!

井上経営研究所 井上雅司 が貴社の経営コンサルタントとして直接経営指導!

(お申し込み頂いてもお断りさせていただく場合があります)

  ● はじめに (2010/09/19ブログ「『幸せ会社』になるための原理原則」より)
 
 私の企業再生コンサルタント業は「後悔」からはじまりました。26歳で脱サラして創業した会社を48歳のときに倒産させてしまいました。
 今でこそ大きな糧となっていますが、当時は「なんで人より何倍も勉強し、働いてきたのに自分の会社が倒産という結果になってしまったのか。」と毎日「忍辱」「辛酸」「後悔」の日々で
「何が足りなかったのか?」と問い続けているうちに自然と企業再生コンサルタント業に踏み入りました。
 「自分と同じ思いをする中小企業経営者を一人でもなくしたい」という思いで、自らの体験を「反面教師」としてスタートしました。
 当初、倒産の危機にある会社を救い出すことが業務の中心でしたが、後にお話しする『経営再建プログラム』などを経て、倒産の淵から這い上がってこられた企業の中から「引き続き経営のアドバイスをしてもらいたい」というご要望があり、「俯瞰塾」という会を創り、フォローしていくことになりました。

  設立当初は、優良会社や無借金経営を目指したわけではなかのですが、なぜかその中から高い確立で優良会社や実質無借金会社が生まれてきました。「俯瞰塾」会員に特別な指導をしたというわけではなく、【新規事業開発】以外は、それまで実行してきた、経営危機から脱出するための「経営再建プログラム」を継続実行してもらっただけでした。
 倒産の危機を経験した経営者が望むのは、あの地獄の苦しみを二度と味わいたくないということです。そのためにプログラムでやっていることはその作業そのものが難しいわけではなく、継続すること自体が難しいのです。
 習慣を変えることは難しいのですが、歯を磨く行為と同じで慣れればなんということはありません。【経営再建プログラム】でやってきた簡単なことを継続することが、危機的状態から正常企業→優良企業→安心企業(無借金企業)への最も重要なこととわかれば、誰でも続けることができるのです。まさに「心が変われば、・・・」 です。
 私のすべてのクライアント様は大変な経営危機を乗り越えてこられた方ばかりなので「二度とあの苦しさは味わいたくない」という方が多く、「大きな会社にしたい」というよりも「強い会社にしたい。優良会社にしたい。無借金会社にしたい。」ということを目標にされてきましたが、いざ夢までみた無借金会社になってもそれほどの達成感を感じないことがわかってきました。
 クライアント様も私も「何か違う!これが求めてきたものか?」と言う感覚でした。
 そんな新たな目標を模索している中で、2006年冬と2008年春に衝撃的な本に出会いました。「千年、働いてきました」(野村進著・角川書店)と「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司著・あさ出版)です。クライアント様にもお配りしたり、お勧めしたりして、会社のあり方についてお話をしてきました。
 人間が生きていて一番うれしいことは他人のお役にたてること、必要とされることす。それならば、経営者にとって、他人のお役にたて、必要とされる会社を創り、継続していくことが最大の使命ではないでしょうか。
 売り上げを拡大していくことや最大の利益を上げること、利益を蓄積していくことはすべてその使命のための必要条件や手段にすぎません。
 顧客、取引先はもちろんのこと従業員や経営者一族まで、小さな会社に関わっているすべての人が幸せになれ、そうあり続けられる会社、すなわち「幸せ会社」になり、「幸せ会社」であり続けること。これを達成できれば経営者は最高の幸せが得られるはずです。
 わたしの使命はそのお手伝いを出来ることです。
  その最大テーマが 「幸せ会社なるための中小零細企業経営の『原理原則』」なのです。
 顧客、取引先はもちろんのこと従業員や経営者一族まで、小さな会社に関わっているすべての人が幸せになれ、そうあり続けられる会社、すなわち「幸せ会社」になり、「幸せ会社」であり続けること。これを達成できれば経営者は最高の幸せが得られるはずです。
 わたしの使命はそのお手伝いを出来ることです。
  その最大テーマが 「幸せ会社なるための中小零細企業経営の『原理原則』」なのです。
 アルプス goo ブログ
「『幸せ会社』になるための原理原則」
 (2012年からここで言う「幸せ会社」を『長寿幸せ企業』と称しています。)  2012年11月4日加筆

  ● 俯瞰塾 

 私の元に相談にこられる中小企業・零細企業のほとんどは、「最良の倒産」をアドバイスするしかない「危篤状態」もしくは再建のためには資産売却など苦痛を伴う大胆な手術を施さなければならない「重体」、「重症」の患者です。
 残念なことですが、中小企業経営者は少しくらいの熱や痛みでは相談に見えられません。激痛に耐えかねて、万策尽き果てて相談にこられるのが現実です。

 私は今までそのような企業を手術しいかに再生させるかについてばかり腐心し、対応してきましたが、「予防経営学」の必要性を痛感し、いかにすれば一人でも多くの中小企業経営者に「経営学」の基礎知識をお伝えし、倒産などとは無縁の小さくてもキラッと光る強い会社さらには安心会社から幸せ会社なっていただけるお力にになれるかを考えてきました。

 中小企業・小規模企業経営者は商品や技術については非常に詳しいものの財務や金融、経営戦略やマーケティングについてはまったくといっていいほど無知であるために経営危機に陥いり易いといっても過言ではありません。
 逆にいえば、基本的な「経営学」知識を習得していれば以外と簡単に優良企業になれるのです。

 人生も会社も全てが順風満帆であることはありません。しかし、最低限必要な経営知識(単なる学問的知識ではなく経営実学)を身につけておけば「微熱」の段階で対処することが出来るはずです。優良企業といわれる会社は商品や技術が強いだけではありません。同じ環境にあっても経営者に「経営学」知識があるため対策を早めに講じることが出来、外部からは順風満帆に見えるだけです。私の長期顧問先(優良企業)もそうですが、優良企業が土俵いっぱいに追い詰められてからではなく土俵の真中で力を発揮できるのはこのためです。

 あなたの会社はいつも土俵の綱渡りをしているのではありませんか?

 ほとんどの大企業には専属のコンサルタントがいますが、中小企業は費用の問題からか、経営について相談する専門家を持っていません。そのため専門化の知識を得ることができなくて我流で対応し「負の連鎖」の道を転げ落ちていくのです。

 「俯瞰塾」は元来「経営再建プログラム」を終了され、正常企業から健全企業を目指される経営者のアフターフォローのための経営塾でしたが、「経営再建プログラム」が必要でない中小企業・小規模事業経営者の方にもご利用していただけるように広く門を開放させていただいています。
近い将来「俯瞰塾」から多くの優良企業を排出するために私の持っているノウハウ・「経営学」知識をすべて公開させていただきます。

 全て私が直接対応させていただくため、また通信だけではなく定期的に直接御社を訪問させていただき現場を拝見のうえアドバイスさせていた
だくため、お待ち頂いたり、お断りさせていただく場合もありますのでご了承ください。


  ● このプログラムの流れ (通常の一例ですが、100社あれば100社対応が違います)

指導内容の一例
提供資料・ワークシートの一例
 倒産回避のために倒産の実態を学ぶ
  俯瞰的に経営判断出来る眼を養う
 天命・経営理念・ビジョンの確立方法
 経営戦略の策定
 新規事業開発
 利益を伴う売上対策手法
 毎月10日までに自社で月次決算出来る経理対策
 キャッシュフロー経営
 「日繰り資金繰り表」
 「仕入支払計画表」
 「PDCA事業計画書」
 連動式財務三表(PL・BS・CF)
 予想連動式財務三表の作成
 採用試験・面接要項
 新販売促進対策ワークシート
 新商品・サービス開発ワークシート





入会条件・お守り頂きたいこと

1.中小企業であること 中小企業以外は「長期顧問契約」をご検討ください。
2.債務超過でないこと
短期で集中的な治療が必要です
「経営再建プログラム」をお勧めします
3.資金繰りが逼迫していないこと
4.毎月経営報告書を提出できること 〆後10日以内に経営報告書(月次決算書を含む)を提出できることが最低条件です
(すぐに出来るように指導することが出来ます)
5.借入・投資の際に事前相談できること 総資産の1%以上の投資及び個人資産を1円でも投入する際は必ず事前の報告をしていただきます

退会

退会に一切の制限はありません。28日までに会費を振り込まなければそれだけで退会で来ます。
会費を一括振込みする必要はありません。


会費

契約種類 コース
訪問回数/年
 入会金 会費/月 支払方法
ふかんじゅく
俯瞰塾
アドバンスト
6回
 \125,000
\120,000
月次前納
レギュラー 4回 \90,000
別途消費税が必要です
入会金は初回訪問診断費用に充当されます。再入会の際は再度入会金が必要になります(初回訪問はありません)。
経営再建プログラム・eプログラム(経営改善通信プログラム)終了後1ヶ月以内の入会の際、入会金は必要ありません。
※関連会社・子会社がある場合は追加費用が必要になります(1社当たり1万円以上)。

理由の如何を問わず入会金・月会費の分納・返金には応じられませんのでご了承ください

お申し込みには「初回問診」のお申込が必要です